赤ちゃんが吐くときの理由

それまで元気に過ごしていた赤ちゃんが突然、「吐く」とびっくりしてしまいます。


時には、噴水のように派手に吐くときもあるので心配です。赤ちゃんが吐く原因がミルクや母乳なのか、離乳食なのか、病気なのかわからないと対処の仕方がなくて困ってしまいます。

しかし、赤ちゃんは生理的に吐きやすいものなのです。

それは、大人の胃の形はカーブしているのですが、赤ちゃんの胃の形は「とっくり」のようにまっすぐな感じです。


胃の周りの筋肉の発達も未熟なため、胃に入ったミルクなどが逆流しやすいのです。

ですから、ミルクや母乳、離乳食が胃の中に入ったときに、うまくげっぷができない、体を少し動かした、母乳の出が良すぎた、母乳やミルクを飲みすぎた場合には吐くことがあります。

このような場合には、問題がないことがほとんどです。

でも、続けて何度も吐いたり、噴水上に吐く、あやして抱っこしても機嫌が悪い場合には病気の可能性もあるので、様子を見ながら病院に受診してみるのが良いでしょう。



病気の場合には、ロタウィルスに代表されるウィルス性、細菌性胃腸炎や風邪やおたふくなどと合併しやすいい膜炎や脳炎の可能性もあります。

また、吐きそうになるときは、下を向かせてのどに詰まらないようにするのが良いでしょう。

東京新聞に関する疑問にお答えします。

優しく背中をさすってあげるのもよいです。


繰り返し吐いてしまう時には、脱水症状にならないよう水分補給も忘れずにしましょう。


スプーン一杯程度を何回かに分けて飲ませてあげることが大切です。

赤ちゃんが吐くの最新情報を紹介しています。